お出かけ

【大阪|お出かけ】モノレール駅から万博記念公園への行き方

モノレール万博記念公園駅から万博記念公園への行き方

こんにちは!

大阪のシンボルの1つ、太陽の塔!
その太陽の塔があるのが、万博記念公園ですが皆さん行ったことはありますか?

太陽の塔
ももも

実は万博記念公園には、太陽の塔以外にもたくさんの遊べるスポットがあるんです♪

四季折々の自然に触れ合える自然文化園、1970年の大阪万博の出典施設を利用し当時を振り替えれるEXPO’70 パビリオン、その他にも巨大立体アスレチック迷路万博BEASTというアスレチック施設も充実しています。

小さなお子さんと一緒ならわくわく池の冒険広場(トランポリン)やおもしろ自転車広場も楽しめると思います♪

というわけで今回は、小さいお子さんから高齢の方まで楽しめる万博記念公園へのモノレールでの行き方をご紹介したいと思います。

小さいお子さん連れに役立つ、駅内の授乳室やベビーシートの情報もお伝えします。

この記事でわかること
  • モノレール万博記念公園駅から万博記念公園中央口への行き方
  • 万博記念公園の基本情報
  • モノレール万博記念公園駅内の授乳室・ベビーシート

この記事を書いた人

最寄り駅はモノレール「万博記念公園駅」

スタートはホーム階エレベーター

今回の道案内はモノレール万博記念公園駅のホームからスタートしたいと思います。

万博記念公園駅には①~④番線ホームがあります。

それぞれのホームの端(宇野辺・公園東口駅方向)にエレベーターがあります。

万博記念公園「ホーム階エレベーター
ももも

このエレベーターで改札階に上がりましょう。

改札階に着いたら、改札を目指します

改札階では端にエレベーターが到着します。

万博記念公園駅改札会エレベーター

エレベーターを降りたら、反対側の壁方向にに向かって歩いていきましょう。

万博記念公園駅改札階

真っ直ぐ進んでいると左手に改札があります。※改札はここしかありません。

この改札を出て、次は大観覧車方面を目指します!

<補足>万博記念公園駅内のトイレ・授乳室をご紹介

万博記念公園駅にはトイレ内にベビーシートが、ドリンクコーナーに授乳室として使用できるmamaroがあります。

万博記念公園駅改札前

トイレは改札を通り過ぎた壁側に、ドリンクコーナーは改札と反対側にあります。

万博記念公園駅トイレ

男性トイレ・女性トイレ両方にベビーチェア&ベビーシートがしっかり設置されています。

万博記念公園駅内ドリンクコーナー
万博記念公園駅内mamaro

ドリンクコーナーの左奥(写真赤丸部分)にmamaroという、箱型のベビーケアルームがあります。

中からしっかり鍵をかけることも可能なので、安心して授乳ができます♪

ももも

小さいお子さんと一緒のパパママさん、いざという時にぜひ活用してはどうでしょう?

改札をでたら、大観覧車を目印に進みます!

長いスロープを通っていきます

万博記念公園改札出口近く

改札を出たら左方向に進んでいきましょう。

万博記念公園駅スロープ

そのまま真っ直ぐ進んで行くとスロープがあります。
そのスロープもひたすら進んでいきましょう。

万博記念公園駅スロープ
万博記念公園駅スロープ
ニフレル

長いスロープを下りきると、正面に大観覧車とニフレルが見えます。
左方向に進んでいくと、万博記念公園 中央口に通じる橋があります。

スロープが厳しい方は、エレベーターもあります♪

結構スロープが長いので、「少し厳しいかも💦」という方はエレベーターもあるのでそちらをご利用ください。

万博記念公園外エレベーター

エレベーターはスロープに向かう途中の通路右手にあります。

万博記念公園外エレベーター

地上に着いたら、そのまま真っ直ぐ進んでいきましょう。

するとスロープの地上部分と合流することができます。

中央口と書かれた橋を渡ってゴールを目指します

万博記念公園中央口に通じる橋

正面に大きな太陽の塔を見ながら進んでいきます。

万博記念公園中央口に通じる橋

橋を渡り道なりに進むとチケット売り場&入場ゲートに到着です♪

万博記念公園中央口
ももも

ゴールに到着です!お疲れ様でした。

万博記念公園の基本情報

開園時間・休園日・入園料

万博記念公園の開園時間・入園料などの基本的な情報もご紹介しますね♪

開園時間
9:30~17:00(入園時間は16:30まで)

休園日
毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は直後の平日)
※4月1日~5月2日、10月・11月は無休
※園内各施設の休業日は異なるので、事前に確認が必要

入園料
大人:260円 小中学生:80円
※その他各施設によって別途料金が発生する可能性もあり

ピクニックや「やったねの木」という大型ローラーすべり台、船の遊具「エキスポみらいgo!」などで遊ぶ場合は入園料だけですが、立体迷路や万博BEASTを利用する場合は入園料+使用料金がかかってくるといった感じです。

どんなアスレチックがあるのか詳しく知りたい!という方は、万博記念公園公式HPを御覧ください♪

授乳室の場所

授乳室は公園内5箇所に設置されています。

①中央休憩所
②自然観察学習館
③遠見の丘トイレ
④日本庭園前ゲート
⑤日本庭園

ももも

その他にも、車いすの貸出やベビーシート設置トイレの情報も公式HPに掲載されています!ぜひチェックしてみてください。

私自身も何回か万博記念公園へ遊びに行っています♪

太陽の塔の内部も予約をしておけば入館可能です。外から見るだけの太陽の塔を中から見てみるのも新鮮な体験でした。

各季節によって見頃の花も違うので各シーズン行くのも楽しいかもです!

息子が歩けるようになったら、連れて行ってあげたいなと思うアスレチックもたくさんあります!

ぜひ皆さんも1度万博記念公園へ足を運んでみてはいかがでしょうか♪