お出かけ

【大阪|図書館】「こども本の森 中之島」魅力5選&最寄り駅からの行き方徹底解説 

こども本の森中之島紹介
  • 子どもを連れて図書館に行きたいけど、静かにできないし無理だよね…
  • 子ども向けの図書館があるらしいけど、どんな感じなのかな?駅から近いの?

こんな悩みや疑問がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ももも

今回はそんな皆さんに小さい子でも楽しめる「こども本の森 中之島」をご紹介したいと思います!

こども本の森中之島

こども本の森 中之島」は大阪市北区中之島にある文化施設です。

絵本や児童文学だけではなく、図鑑や芸術書など多種多様なジャンルの本がありこどもだけでなく大人も楽しめる施設です。

ももも

「自然とあそぼう」「まいにち」「将来について考える」といったこども達の日常生活や好奇心を刺激するような12のテーマに分かれており、たくさんの本と出会うことができます♪

この記事では、実際に「こども本の森 中之島」に1歳の息子と行ってきた私が館内設備・駅からの行き方を写真つきでご紹介します。

「こども本の森 中之島」は乳幼児から中学生を対象にした施設です。そのため館内には小さいお子さん連れのために、授乳室やベビーシート、こども用の補助便座なども準備されていました。

この記事でわかること
  • 「こども本の森 中之島」の魅力
  • 小さい子連れ向け館内設備
  • 最寄り駅3駅からのアクセス方法
ももも

それでは紹介スタートです!

この記事を書いた人

「こども本の森 中之島」の魅力5選

「こども本の森 中之島」について

こども本の森中之島

「こども本の森 中之島」は大阪市北区中之島にある文化施設です。

「こども本の森 中之島」基本情報

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(現在90分完全入れ替え制)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)・年末年始
入館料:無料

場所:大阪市北区中之島1-1-28
公式ホームページこども本の森中之島

2020年7月に開館したこの施設ですが、元々は大阪市出身の建築家:安藤忠雄氏の寄付により設立されました。

安藤忠雄氏からは開館にあたりこのようなメッセージが寄贈されています。

地球は一つ。

これからの社会を担っていく子どもたちには、元気よく自由に世界に向け、羽ばたいてもらいたい。そのためには幼い頃から本を読んで、豊かな感性や想像力を育むことが大切です。

新しくオープンする「こども本の 森中之島」が子どもたちと「自分だけの一冊」との大切な出会いの場となることを期待しています。

こども本の森中之島公式HPより

まさに安藤氏の希望通り、子ども達の興味を刺激する工夫がたくさんされているのがこども本の森 中之島です。

安藤忠雄
1941年大阪市生まれの建築家。1995年建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」を受賞。
<代表作一例>
・表参道ヒルズ(東京)
・淡路夢舞台(兵庫)
・フォートワース現代美術館(アメリカ)

魅力1:読書心をくすぐる、独自の12のテーマ

独自のジャンル分けをされた本棚

大抵の図書館では、絵本のコーナー、子ども向けのコーナー、図鑑コーナー、洋書コーナーと分かれていると思いますが、先述した通り「こども本の森 中之島」はジャンル分けから違います。

  1. 自然とあそぼう
  2. 体を動かす
  3. 動物が好きな人へ
  4. まいにち
  5. 食べる
  6. 大阪→日本→世界
  7. きれいなもの
  8. ものがたりと言葉
  9. 未来はどうなる?
  10. 将来について考える
  11. 生きること/死ぬこと
  12. こどもの近くにいる人へ

身近なテーマから、大人でもなかなか考えないようなテーマまで全部で12のテーマに分かれそれぞれに関する本が集められています。

ももも

特に「生きること/死ぬこと」などついつい敬遠しがちなテーマですが、それでも行きていく中で一番大切なことだと思います

このコーナーは哲学めいた難しい本が並んでいるわけではなく、「100万回生きたねこ」のように有名な絵本も置いてあって小さいお子さんでもとっかかりやすい本も置かれています。

子どもに興味のあることを聞き出して、一緒に本を探すのも楽しみ方の1つだと思います♪

テーマとは別に「あの人の本棚」といって、偉業を成し遂げた方達が読んでいた本を集めたコーナーもあります。時期によって異なるようで、私が行った時はノーベル賞を受賞し本の森の名誉館長である山中教授の本でした

魅力2:見るだけでワクワク♪大きな吹き抜けの本棚

こども本の森中之島の吹き抜け

「こども本の森 中之島」は3階建ての構造ですが、入り口から見て一番奥には大きな吹き抜けエリアがあります。

本棚にキレイに並べられた本たちを見るだけで、ワクワクする気持ちがわいてきませんか?

吹き抜け部の通路からの撮影は危険なため禁止されています。

魅力3:年齢に適した様々なサイズの椅子達

いろんなサイズの椅子達

乳幼児から中学生が対象ということで、館内には様々なサイズの椅子が準備されています。

「読む」行為に集中できるようにと、家具の1つ1つもこだわって選ばれています。

吹き抜けで即所を楽しむ親子

椅子だけでなく、吹抜け部の階段でも読書を楽しむことができます。

本棚に作られた椅子

本棚にも椅子が作られていて、好奇心をくすぐられます♪

ももも

ぜひ館内を探索して、お気に入りの読書スポットを見つけ出して下さい♪

魅力4:乳幼児向け 絵本コーナーも充実

乳幼児向け絵本コーナー

2階に入口があるのですが、入口からそのまま真っすぐ進むと階段の下が乳幼児向けの絵本コーナーになっています。

だるまさんシリーズを始め、有名な絵本やオノマトペが楽しい絵本など小さいお子さんと一緒に楽しめるエリアとなっています。

1歳の息子が一番楽しめるコーナーです♪

階段下に作っているので、天井が低くなっています。
大人の方は頭をぶつけないようにご注意ください
立ち上がる時に私は何回もぶつけました・・・。

魅力5:意味を知ると奥深い「青いりんご」のオブジェ

入り口にある青いりんごのオブジェ

入口部にある大きな青いりんご。
「なぜりんご?」と思いつつも来館の記念写真をここで撮っている方も多いと思います。

この青いりんごにもちゃんと意味がありました!

米国の詩人サムエル・ウルマンの「青春」という詞をモチーフに、安藤忠雄氏がデザインしています。

『挑戦心にあふれる青春のシンボルとして多くの人に触れてほしい』というメッセージが込められているそうです。

ももも

「青春」の詞も1度読んでみてください。”若さ”について本当に詩的かつ真理を得た作品でした。

オマケ:館内のどこかにある”あのドア”

館内のどこかにあるどこでもドア型本箱

他にも面白い仕掛けがありまして、館内のどこかに人気アニメでおなじみの”あのドア”型の本箱があります。

ももも

館内を探してみて、ぜひ中を確認してみてください♪

小さい子連れ向け館内設備

青いりんごに向かって歩く赤ちゃん

今回私は1歳の息子と行ってきたのですが、館内の子連れ向け設備を紹介していきたいと思います。

ももも

小さい子が一緒でも安心して過ごせる設備がたくさんです!

スロープ&エレベーター

入口に続くスロープ

館内への入口は2階部にあるのですが、正面階段横にちゃんとスロープが設置されているのでベビーカーや車いすの方でも安心です。

館内にはエレベーターもあるので、館内移動も問題なしです。

ベビーカー置き場

ベビーカー置き場

入口横にベビーカー置き場もあります。

ベビーカーで入館可能ですが、狭い通路があったりして正直不便です!

ももも

ベビーカーは入口に置いておき、歩けないお子さんは館内では抱っこ紐などを使用することをオススメします。

補助便座・こども用トイレ

こども用トイレ

小さいお子さんも安心してトイレが使えるように補助便座・こども用トイレも設置されています。

授乳室

授乳室

1階には授乳室があります。

給湯設備もあるので粉ミルク派の方にもご利用いただけます。

室内には椅子の他に、ベビーシートもあるのでおむつ交換も可能です。

※ベビーシートは1階多目的トイレ&1階女子トイレにも設置されています。

補助便座:館内すべてのトイレ
男の子用こどもトイレ:1階トイレ・2階トイレ

授乳室:1階

ベビーシート:1階多目的トイレ・1階女子トイレ

混雑時はワークショップルームを臨時の授乳やおむつ交換スペースとして利用可能なようです。もし必要な場合は、スタッフさんにお声掛けしてみてください。

最寄り駅3駅からのアクセス方法

アクセスマップ
出典:こども本の森中之島公式HP

「こども本の森 中之島」には駐車場がありません。なので公共交通機関を使用する必要があります。

近くにいくつか駅がありまして、一番近いのは京阪中之島線なにわ橋駅」です。

残りの駅を近い順で紹介すると地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」になります。

近い駅から順に道案内していきたいと思います。

ももも

ブログコンセプトの「ベビーカーでも行ける大阪」通り、今回もエレベーターでのルートをご案内します!※階段の方の道案内もしています

京阪中之島線「なにわ橋駅」

一番近い駅は京阪中之島線「なにわ橋駅」です。

なにわ橋駅改札口

なにわ橋駅には改札は1つしかありません。

改札を出たら、左方向に進みましょう。

なにわ橋改札階エレベーター

そのまま真っすぐ進むと、エレベーターがあります。

エレベーターでB1Fに進みましょう。

ももも

地上階には行かないように気をつけましょう!
出口と図書館の間に生け垣があり、遠回りしないと行けないルートになっています。

なにわ橋地下1階フロア

B1Fフロアでエレベーターを降りたら、真っすぐ進みましょう。

なにわ橋駅3番出口の看板

地上に通じる階段などが見えたら、左方向にある通路を進みます。

ももも

3番出口の案内が出ている通路です。

なにわ橋駅3番出口に通じるエレベーター

通路を進むとエレベーターがあります。地上へ上がりましょう。

なにわ橋駅3番出口からみたこども本の森中之島

出口を出て右方向に20mほど進むと「こども本の森 中之島」に到着です。

所要時間:3分
B1Fフロアでエレベーターを乗り換え、3番出口を使用。

階段を使用した場合も3番出口が一番近い。

地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」

2番めに近い駅は地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」になります。

北浜駅出口27

エレベーターは27番出口にあります。

地下鉄堺筋線をご利用の方は北改札を出て、京阪電車の方向に進むと右手にあります。
京阪電車をご利用の方は改札を出て、地下鉄堺筋線の方向に進むと左手にあります。

エレベーターが必要ない方は26番出口からでてください。
2枚先の写真から道案内再開です。

大阪証券取引所横

地上に着いたら左方向に進みましょう。

ももも

右手に土佐堀通り、左手に大阪証券取引所を見ながら進んでいきます

北浜1交差点

交差点に着いたら、2回に分けて信号を渡りましょう

難波橋

交差点を渡ったら、を進んでいきます。

難波橋真ん中付近の通路

難波橋を中ほどまで進むと左に続く横道があるので、そちらへ進みましょう。

難波橋から図書館をみた道

真っ直ぐ30mほど進むと「こども本の森 中之島」に到着です。

所要時間:6分
「北浜駅」27番出口を出て、交差点を渡り橋を進んでいくと到着。

階段を使用の場合は26番出口が一番近い。

地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」

最後に紹介するのは地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」です。

一番利用する方が多い駅なのではないでしょうか。

ももも

ただしエレベーターの位置が図書館とは反対方向なので、エレベーターを使う方は13分ほどかかります。(私の歩く速度でです)

階段を利用した場合7分ほどで着くことが可能です。

淀屋橋10番出口の看板

エレベーターは10番出口にあります。

御堂筋線をご利用の方は、中南改札を出て左方向に進みましょう。
京阪電車をご利用の方は、改札を出て御堂筋線の改札方向に進み、北改札横にある通路を進んでいき中北改札・中南改札を目指して進んでいきましょう。

エレベーターが必要ない方は1番出口から出て下さい。
3枚先の写真から案内再開です。

10番出口エレベーター

淀屋橋odona入口前を左横に進むとエレベーターがあります。

エレベーターで地上に上がりましょう。

淀屋橋odona前の道

地上に出たら左方向に進みます。

そのまま橋が見える交差点まで(200mほど)ひたすら歩いていきます。

「淀屋橋」交差点

「淀屋橋」交差点に着いたら、2回に分けて信号を渡りましょう

淀屋橋

交差点を渡ったら、次は橋を渡り大阪市役所方面に進みます。

淀屋橋の大阪市役所側

橋を渡ったら、そのままに曲がり真っ直ぐ歩いて行きます。

土佐堀川沿いの道

あとは川沿いの道をひたすらてくてく真っ直ぐ(400mほど)進んでいきましょう。

ももも

レンガ造りの公会堂前の広場に出て、進む方向に自信がなくなった方は茶色の四角い建物(東洋陶磁美術館)を目印に進んで下さい

こども本の森中之島

茶色の四角い建物(東洋陶磁美術館)を通り過ぎると、隣に「こども本の森 中之島」が見えてきます。

所要時間:13分
「淀屋橋駅」10番出口を出て、交差点と橋を渡り、川沿いの道を進んでいくと到着。

階段使用の場合は1番出口が一番近い。

来館には事前予約をしておくのがベスト

「こども本の森 中之島」に興味を持っていただけたでしょうか?

ももも

行ってみたい!と思ってくださった方がいらしたら嬉しいです♪

魅力あふれる「こども本の森 中之島」なのですが、コロナ禍の現在混雑緩和のため人数制限を設けています。

事前予約をした100名+当日来館30名の合計130名を、90分完全入れ替え制で運営中です。
※イベント開催時は予約なしの入館不可

ももも

当日行って「定員いっぱいで入れなかった💦」とならないように事前予約をオススメします

予約ルール

専用の予約フォームから事前予約をお願いします。

以上で、「こども本の森 中之島」の魅力5選&最寄り駅からの行き方の紹介を終わりたいと思います。

大人も子どもも楽しめる施設なのでぜひぜひ1度足を運んでみてください!

行った後は近くのお店でランチをしたり(私は図書館出てすぐにあるGARBweeksというお店で1人ランチしました)、中之島公園芝生広場で遊んでみたりして楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか♪