おすすめアイテム

【サイベックス】MELIO&MELIOカーボンの違い5点を徹底解説【2022年モデル】

MELIOシリーズの違い5点徹底解説

ドイツ産まれのベビー用品ブランドcybex(以下サイベックスと記載)

2020年2月に日本初のフラッグシップストアがオープンし、芸能人でも使用している人が増えてきて購入を検討している方も多くなってきたのではないのでしょうか?

そんなサイベックスのベビーカーで1番人気なのはMELIO(メリオ)です。

ただこのMELIO、実は種類があるのをご存知でしょうか?

  • MELIO気になってるんだけど、種類があって何が違うのかよくわからない?
  • 購入を考えているけど、結局MELIOシリーズの中でどれが一番良いの?

そんな疑問や心配をお持ちの方も多いと思います。(何を隠そう私もその1人でした)

そこで今回は実際にMELIOカーボンを購入・使用している私がMELIOシリーズの違いを徹底紹介したいと思います!

実際に購入するまでに連日パソコンで情報収集、実際に店舗にも3回足を運び悩み続けました。その結果、我が家ではMELIOカーボンを選びました。

ももも

その時調べた情報をまとめていたらかなりのボリュームになってしまいました💦

当初は4万円くらいでベビーカーを買う予定だったので、2万円ほど予算オーバーしましたが性能・走行性・デザインすべてを吟味し納得したうえで購入したので大変満足して使用しています。

決して安い買い物ではないうえに、大切なお子様を乗せるベビーカー
実際に購入するまでに調べた情報と2022年Newモデルの情報も交えつつ、わかりやすくかつ丁寧にMELIOシリーズについてご紹介していきたいと思います。

この記事でわかること
  1. MELIOシリーズの種類&特徴
  2. MRLIO(アルミ)とMELIOカーボンの違い5点
  3. オマケ:MELIOストリートについて
  4. 我が家がMEKIOカーボンを選んだ理由

この記事を書いた人

MELIO(メリオ)シリーズについて

MELIOシリーズの種類

MELIOシリーズの種類

MELIOには、MELIO・MELIOカーボン・MELIOストリート3種類の商品があります

ただしメインとなるのは前述の2種類で、MELIOストリートはデザインに特化したMELIOといった感じです。

ももも

「MELIOストリートが格好良いな!」と思った方はまずはMELIOの説明を御覧ください。最後にMELIOストリートの特徴もご紹介します。

MELIOシリーズの基本的特徴と共通点

MELIOシリーズの3カル

違いに行く前に、簡単にMELIOシリーズの特徴をご紹介したいと思います。

ももも

MELIOシリーズは3カルをセールスポイントとしています

3カルとは、”持って軽い””押して軽い””ずっと軽い”の3つの軽いを表しています。

  • 持って軽い:6kg前後なので折りたたんで持ち運ぶ時もノンストレスな軽さ
  • 押して軽い:「ストレートフレーム構造」でハンドルを押した力はそのままタイヤへ
  • ずっと軽い:1台でより長期間使用できるように設計。成長しても走行はスムーズ

持った時の軽さをオススメするベビーカーは多いですが、MELIOシリーズは押している時も本当に軽いです!

ももも

むしろ他社のベビーカーと比較した時に一番押した時の動きがスムーズでした!特に曲がる時、本当に動きが滑らかで感動しました!

出典:BABYRIDE

ドイツをはじめヨーロッパは石畳が多いですが、そんな中でも押しやすさを追求して作られた「ストレートフレーム構造」がスムーズの動きの理由となっています。

その他の共通点は以下のとおりです。

  • 変更可能な両対面式シート
  • どちらの向きでも折りたたみ可能なシート
  • メッシュ素材で通気性抜群のシート
  • 段差の衝撃&デコボコ道の振動を吸収するホイール
  • 荷物入は大容量の38L(耐荷重5㎏)
  • ハンドルの高さを3段階に調整可能
  • シート部分の洗濯OK
ももも

MELIOもMELIOカーボンも構造&性能などの基本部分は同じです。
他社のベビーカーと比較した時、荷物入れは断トツで大きかったです!

では次からいよいよMELIOシリーズの違いについてご紹介していきたいと思います。

MELIOとMELIOカーボンの違い

MELIOとMELIOカーボンには細かい違いがいくつかあります。

ももも

両方の情報を表にまとめてみました。
サイズは両方とも同じです。

MELIO 2022年モデルMELIOカーボン 2022年モデル
対象月齢1ヶ月~3歳(15kg)1ヶ月~3歳(15kg)
本体重量6.0kg5.8kg
リクライニング調整3段階3段階
フレーム素材MELIOアルミMELIOカーボン
ハンドル素材ウレタンフェイクレザー
カラー展開2色5色
付属品コンフォートインレイ
新生児用インレイ
コンフォートインレイ
価格¥61.600¥71.500

赤文字が違いのある項目です。

ももも

いくつか違いはありますが、MELIOとMELIOカーボンの大きな違いはフレームの素材&本体重量です!

違い①フレーム素材・本体重量

フレームの素材
出典:BABYRIDE

MELIOはフレームが「アルミ」でできており、MELIOカーボンは名前の通り「カーボン」でできています。

「アルミ」と「カーボン」の素材の違い
アルミ:軽量で強固。カーボンに比べると安価。錆びにくい。
カーボン:軽量かつ丈夫。振動吸収性が高いとされている。錆びない。

アルミよりカーボンの方が軽く、MELIOカーボンの方が本体重量が200g軽くなっています。(MELIOは6.0kg・MELIOカーボンは5.8kg)

ももも

持った時に重さの違いはあまり感じませんでした💦

お店などで押していると定員さんに「MELIOカーボンの方が200gも軽いんですよ!持った時違いがわかりますよね?」などと声をかけられましたが、「どっちも同じですね」と素直に答えてしまいました。

ももも

ただし見た目は結構変わります。アルミの方は灰色で少しチープな印象を受け、カーボンの方は黒色で高級な印象を受けました。

違い②価格

フレームの素材の次に変わってくるのが価格です。

アルミのほうが安価な素材なので、カーボンと比較した時に価格に大きな差がでてきています。

ももも

だからと言って、アルミのほうが性能的に劣るというわけでは決してありません!

どちらも錆びに強い性質があり、濡れても安心です。

カーボンの方が振動吸収性が高いといわれておりロードバイクでは重宝されていますが、サイベックスのベビーカーは段差&デコボコ道の衝撃を吸収してくれる構造になっているのでアルミでも安心です。

実は私趣味でロードバイクに乗っていまして、愛車の購入時にアルミ車体にするかカーボン車体にするかかなり悩んだ過去があります。その時にショップ店員さんに「どちらにもそれぞれ良さがある。最後はやっぱり乗り手が気に入った物を選ぶのが長く使える秘訣」と言われたのがすごく印象に残っています。

ちなみに私はデザインが気に入ったアルミの車体を選びましたが、見るだけでテンションがあがるので店員さんの言葉に従って良かったなと思います。

ももも

次からは少し細かい違いになっていきます。

違い③ハンドル素材

ハンドル素材にも違いがあり、MELIOは「ウレタン」MELIOカーボンは「フェイクレザー」でできています。

ももも

私はウレタンの握り心地がいまいちだったのですが、正直好みの問題かなと思います。実際、主人は気にならなかったみたいです。

ウレタンは握った時にモソッとした感じがしました。握り心地はフェイクレザーの方が良かったです。

ただしレザーは吸水性がなく、汗を掻いたらハンドルがベタベタする可能性はあります。

ももも

店員さんにどちらが良いか聞いてみましたが、やはり「好みの問題」という答えでした。長年使っていると握る部分がどうしても擦れてくるので、ハンドルカバーを付けるのも良いと教わりました。

ただし、公式でのハンドルカバー販売はありませんでした。
こちらの商品はMELIOシリーズでも対応可能です↓

違い④付属品

新生児用インレイ説明文

2022年の新モデルから、MELIOカーボンには最初から新生児用インレイ(クッション)が標準装備されることになりました。

ももも

我が家はMELIOカーボン2021年モデルなので、新生児用インレイは着いてません💦

コンフォートインレイ

MELIOにはコンフォートインレイが標準装備されています。

コンフォートインレイにはサイドの厚みがなく椅子部分もありません。

一応の使用オススメ時期はおすわりができた頃とされていますが、我が家ではおすわり前から使用していました。

コンフォートインレイ使用中の息子

実際にコンフォートインレイを使用している写真です。
(ブログに載せることになるとは思わず、わかりにくい構図ですみません💦)

この時で、生後3ヶ月過ぎ・体重は6.7kgです。首も座っていない頃です。

ももも

息子は大きめなBoyなのですが、コンフォートインレイのみで特に問題なく過ごせていました。

新生児用インレイはあったら便利だなと思うのですが、新生児期のお出かけ頻度は少ないと思いますしなくてもなんとかなるかなと思います。

もしMELIOを購入された方でも、後から新生児用インレイだけ購入も可能なのでご安心ください♪

違い⑤カラー展開

最後の違いはカラー展開です。

2022年モデルでは、MELIOは2色・MELIOカーボンは5色(限定カラーを合わせると6色)販売されています。

ももも

一部限定カラーのコットンホワイトはサイベックス公式オンライン、もしくは三越伊勢丹公式オンラインにて購入可能です。

以上でMELIOとMELIOカーボンの違い5点の違い紹介は終わりです。


お待たせしました!次はMELIOストリートのご紹介をしたいと思います。

MELIOストリートの紹介

ももも

MELIOストリートはニューヨークと東京のストリートカルチャーを融合しデザインされています。商品名や商品紹介写真もストリート感が伝わってきますよね?

細部までこだわったデザインは、都会的でユニークなライフスタイルを楽しむ家族に向けてデザインされているそうです。

メリオストリート

カラーは2色で、リアルブラックオリーブグリーンになります。

本当に細部までこだわったデザインで、光の加減で見え方が変わる生地ベルトのビビットなオレンジなどベビーカー全体でオシャレさを演出しています。

MELIOストリートの基本情報はこちらになります。
※サイズは他と同じです。

MELIOストリート 2022年モデル
対象月齢1ヶ月~3歳(15kg)
本体重量6.3kg
シート向き対面・背面対応
リクライニング調整3段階
フレーム素材
   アルミ
ハンドル素材フェイクレザー
カラー展開2色
付属品コンフォートインレイ
価格¥67.100

対象月齢やサイズ感は他の2種類と違いはありません。

フレーム素材はアルミ、ハンドル素材はフェイクレザーとなります。

MELIOシリーズの中では一番重い6.3kgです。

ももも

「このデザインが好き!」という方は、迷わずMELIOストリートを選択ください♪

我が家がMELIOカーボンを選んだ理由

MELIOカーボンに乗る息子

最後に我が家がMELIOではなく、MELIOカーボンを選んだ理由をご紹介したいと思います。

ももも

それは圧倒的にMELIOカーボンの方が見た目が好みだったからです!

単純にこれだけの理由です。

今までお伝えしたように、MELIOとMELIOカーボンの基本スペックは一緒です。

我が家が購入した2021年モデルは新生児インレイの標準装備はなく、あとは細かい違いくらいなものでした。

そんななかで2つを比較した時に、フレームの見た目&ハンドルの素材が気に入ったMELIOカーボンを選びました。

少し高くはなりましたが「自分が気に入ったモノ」を選んだおかげで、気持ちよく使用することができています♪

アイコン名を入力

まさにロードバイクを購入した時と同じですね!

まとめ

以上でMELIOとMELIOカーボンの違い5点の紹介は終わりです。

ももも

最後にもう1度違いをまとめておきますね♪

MELIOとMELIOカーボンの違い5点

  1. フレーム素材&本体重量
  2. 価格
  3. ハンドル素材
  4. 付属品
  5. カラー展開

MELIOとMELIOカーボン、どちらもそれぞれ素敵なベビーカーです。

ももも

細かい違いはありますが性能は大きく変わらないので、本当に予算と好みの問題かなと思います

同じ性能なら価格重視という方はMELIOを、新生児インレイも気になるし細かい部分にもこだわりたいという方はMELIOカーボンをお勧めします。


使いやすいうえにお出かけ時息子も気持ちよさそうに寝ていることが多く、赤ちゃんにとっても過ごしやすい空間なんだと思います。

私はMELIOシリーズを購入し大満足です♪

皆様も違いを吟味し「これだ!」と思った方を選んで、MELIOシリーズのベビーカーでお子さんとのお出かけの時間をぜひとも満喫して下さい!

MELIOに似合うベビーカーのお役立ちアイテムも紹介しています♪